気まぐれな写真日記です。気ままに更新しています。何卒コメントお願いします。 - LINK Free -


by kimu-san

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

今日の夕陽。
at 2017-09-26 23:15
お彼岸
at 2017-09-24 17:10
穴子飯を喰らう
at 2017-06-25 13:28
紫陽花
at 2017-06-19 16:49
いつかの夕暮れ
at 2017-06-18 11:44
じゃがいも
at 2017-06-17 18:35
海は広いよ大きいよ♫
at 2017-04-23 16:48
明洞に行ってきたよ3
at 2017-04-16 20:55
明洞に行ってきたよ2
at 2017-04-16 12:33
明洞に行ってきたよ1
at 2017-04-16 12:16

画像一覧

ブログジャンル

日々の出来事
旅行・お出かけ

その他のジャンル

カテゴリ

全体
独り言
風景
植物
動物
未分類

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:旅行 ( 99 ) タグの人気記事

旅に出発する迄の楽しみ!【ATOUR】

c0050380_2291895.jpg
1月と2月は3連休がありますね。さてさて どこかに行こうかな?

旅に出るのは勿論楽しみなのであるが 出発するまでの過程も結構

楽しいものである。旅の行程を考える時である。

時刻表片手に ああでもない・・・ こうでもない・・・。

あそこにも行きたい。 あのホテルに泊まってみたいなあ・・・。

どうも欲張り過ぎの旅行行程に予算と時間オーバー・・・ (^^ゞ

格安パッケージツアーを候補にするのも良いのであるが

どうも決まりきったプランでは面白みが無い・・・。

もっと自由に旅行を楽しみたいが 何か参考になるものは無いかなあ・・・?

そこで見つけたのが組み合わせ自由旅行「旅作(たびさく)」である。

ANAの旅行総合サイト。文字通り自分自身で『旅を作る』のである。

ANAの旅行総合サイト【ATOUR】エーツアー

このサイトのお勧めポイントは・・・

(1)フライト・ホテルが自由に組み合わせることが出来る点。

(2)フライトマイルとツアーマイルがダブルでたまる点。

(3)申し込みから出発までオンラインで出来ること。  等々である。

プランや目的地などから国内約3万コース 海外約2万コース を

簡単に選択でき オンラインで空き状況確認や予約が可能です。

もちろんパンフレット請求もオ ンラインで可能なんです。

このサイトで自分だけのオリジナルの旅を創り上げてみよう!

今まで以上に 旅が楽しいものになると思いますよ。

少しでも皆さんの旅のプランの参考になれば幸いです。

皆さん 各々の旅を 楽しんでくださいねっ!!



これだけ 宣伝しておきながら 今更なんですがあ・・・

私の旅行は 鉄道とレンタカーの組み合わせ派である・・・(^^ゞ
[PR]
by kimu-san | 2007-01-06 22:48 | 独り言

サンライズ

最近すっかりバテバテで 疲れきっております。

今日は 久しぶりの休みで 家で1日ゴロゴロしてました。

毎日仕事に追い回されていると(そうでもないかな?)現実逃避したくて・・・。

鉄道でのんびり旅に出たくなったり・・・ムズムズ・・・(困ったものだ)

今1番乗りたいのはこれです。
c0050380_8593817.jpg
-----
車内は住宅メーカーと共同で設計し、
木の温もりを生かしたインテリアに統一。
寝台は全て個室で、サンライズツインやシングルデラックスなど
設備も多様です。
(写真と文章:JRおでかけネットより引用)
------
鉄道は目的地までの移動手段の1つですが

電車に乗って のんびり優雅に 自分だけの時間を満喫する事

それ自体が目的や楽しみであっても良いのではないでしょうか・・・?


あっ トワイライトエクスプレスにも乗ってみたいなあ・・・。
[PR]
by kimu-san | 2006-07-02 23:30 | 独り言

のんびり 山陰小旅行

青春18切符を使ってのんびりと山陰へと行ってきました。

山陰への電車での旅は初めてでしたが鈍行での移動は疲れました(^_^;

伯備線を使って山陰へ向かうのですが 途中でやくも号に追い越され下り電車

行き違いのために途中の駅で休憩ばかりします。単線区間の宿命です。

岡山から約4時間かけてやっと米子まで到着。
c0050380_16204240.jpg

米子からは安来節をイメージしたであろう列車に乗って出雲市まで移動します。

ここでも列車は途中の駅で休憩ばかりします・・・(笑)出雲市駅に着いたのは14時49分。
c0050380_1628790.jpg

早速 隣接する電鉄出雲市駅から一畑電鉄に乗って出雲大社まで大急ぎで移動しようと

思ったのですが 電車が約1時間ありません・・・。出雲市駅の周辺をフラフラ散策。

結局 出雲大社に到着したのは16時を回った頃。家を出てから実に8時間経過してました。

c0050380_1630041.jpg

c0050380_16302660.jpg

出雲大社は『縁結びの神様』で有名ですが 単に男女の仲を結ぶだけでは無いんですよ。

『人間が立派に生長するように 社会が明るく楽しいものであるように すべてのものが

幸福であるようにと お互いの発展のためのつながりが結ばれることです。』

という意味もあるのですよ・・・。

私も二礼四拝一礼をして大国主大神様をはじめ 神々様に参拝したわけですよ。

とは言え 男1人の参拝はやっぱり 虚・し・い・・・ですっ。
c0050380_16503961.jpg

今日は天気予報では良い天気のはずが 写真を見てもらえればお分かりのように

曇りなのであります・・・って 違います。実は黄砂で曇っているように見えるのです。

すごい黄砂で地元の人も驚いていました。わたしゃ~ 目が痛くて痛くて・・・大変でした。
c0050380_16421689.jpg

c0050380_16541249.jpg

そうそう 桜も満開でとてもきれいでしたよ。家族連れの人達が楽しそうにお花見を

されていました。でも到着時間が遅かったのですぐに辺りは暗くなり始めてしまい

本日のお宿『出雲ステーションホテル』へと歩みを速めるのであった。


翌朝 出雲市駅へ向かいました。昨夜ホテルで考えた帰路のコースは 宍道駅から

木次線を使って帰ろうと思っていたのですが時間がかかりすぎます。

明日は仕事なので早めに帰宅しようと急遽予定を変更して 鳥取駅経由にしました。
c0050380_1659739.jpg

出雲市駅の写真です。整備されて立派な駅です。もう1ヶ月早くこの旅行を行っていれば

寝台特急出雲号に出会えていたかもしれないのになぁ・・・。ちょっと残念です。

出雲市を出て鈍行で米子まで移動。そこから快速で鳥取へ移動しました。

山陰の路線は海に山・・・おまけに風車が目を引きます。
c0050380_175946.jpg

さて 鳥取駅に到着しました。 何故 鳥取経由なのか・・・?

それは『スーパーいなば号』(岡山ー鳥取間)に乗車してみたかったからです。

ちなみに青春18切符では乗車できませんよ。別に乗車券と特急券を購入・・・。

時間を買ったと思ってお金を支払いました。今回は倹約旅行と決めていたのに。

スーパーいなば号ですが至ってシンプルです。走りは力強く曲がりくねった

路線もス~イスイッと走り抜けていきます。あっという間に上郡に到着・・・。

進行方向を変えて 約30分で見慣れた風景とともに岡山駅へ到着。

もう少し 山陰のあっちこっちを訪ねて見たかったのですが何せ時間が足りません。

また ゆっくり時間を割いてもう1度行きたいなあ・・・。
[PR]
by kimu-san | 2006-04-09 17:26 | 風景

湯原温泉へ行ってきました

1泊2日で友人と2人で岡山の湯原温泉へ行ってきました。

久しぶりの温泉で楽しかったですねえ。気持ち良かったですねえ。

県北ということで寒いかなあ?と思っていましたがやっぱり寒かった(^^ゞ

それでも 随分暖かい方だと言うことで ちょと驚き・・・。

少し雪も残っていましたよ。

そうそう 湯原温泉は温泉格付け『西の横綱』に番付されています。
c0050380_1849487.jpg

c0050380_18493467.jpg

温泉はダムの下の河川の側にあります。3つの温泉があり温度が違います。

夜は大変混雑していましたが 露天風呂ならではの開放感があります。

寒い中 温泉に入るのは 本当に最高です。
c0050380_1850387.jpg

温泉の側には足湯もありこちらも結構人気があるようです。

山には少し雪が残っているのがお分かりでしょうか・・・?
c0050380_18503873.jpg

今回 お世話になった旅館です。

質素ですが 家庭的な雰囲気が良くて 毎回お世話になっています。

夕食は最高に美味しいですよ。湯原温泉(砂湯)まで徒歩2分・・・。近いです。

旅館の女将の話では

「最近はマナーの悪い入浴客がいて 利用者も減少している」とのこと・・・。


実際 マナーの悪い客も チラホラ・・・。 寂しい限りです・・・。

かじか荘のHP

寒い日が続いています。心も体も暖まりに湯原温泉はいかがですか・・・?

最高に気持ちよいですよ!!

私信:まさ様 あかね様 ここのブログに訪問してくださっているそうで有難うございます。
[PR]
by kimu-san | 2006-01-29 19:15 | 風景

10月14日は鉄道に日(2)

2日目16日(日)香川・徳島の旅 2日目である。今日は晴れている。

朝9時 JR高松駅から琴平電鉄 高松築港駅に移動。
c0050380_2163766.jpg

高松築港駅から瓦町まで電車に乗車。瓦町で志度線に乗り換える。

瓦町を出発すると細い路地の様なところを縫うように進んで行く。

しばらく行くと海岸沿いを走り 約30分で終点志度に到着。
c0050380_2083461.jpg

JR志度駅から うずしお号に乗って高松に移動。

手前から3両目はアンパンマン車両でした。ヘッドマークも・・・。

四国内ではアンパンマンカラーの列車を良く目にします。
c0050380_2174742.jpg

もう1度 琴電高松築港駅に行き今度は 琴電琴平線に乗車。

このあたり計画性の無い行動です(笑)

琴平線は長閑な田園風景の中を のんびり走り 約1時間で終点琴平に到着。
c0050380_2183715.jpg

歩いてJR琴平駅まで移動。この駅は金毘羅さんへの参拝口の駅でもある。

ここから大歩危駅まで特急南風に乗車。約40分で大歩危駅に到着。
c0050380_2191499.jpg

c0050380_2194328.jpg

大歩危駅は祖谷のかずらばしへの入り口となる駅。

一方は急峻な山があり 他方は吉野川が流れているという風光明媚な所である。

しばし 駅周辺を散策・・・。紅葉にはまだ早いなあ・・・。

しかし のんびりした時間と自然を堪能し 短い滞在時間を終えた。

ここからは岡山行き南風号に乗り 一気に岡山まで戻ります。

明日は仕事ですから 早めに帰宅します。

帰路の電車の中では 2日間よく電車に乗ったなあという満足感と 

次はどこに行こうかと 次回の計画を頭の中で立てていた。
c0050380_21102012.jpg

誰か中国地方でお得な切符があったら教えてください。

今回の総移動距離(営業キロ数) 約575.5Km
今回の総乗車時間          約624分
[PR]
by kimu-san | 2005-10-16 21:13 | 独り言

10月14日は鉄道に日(1)

10月14日は鉄道の日。14日は仕事だったので15日と16日の2日間ミニ旅行へ出発。

とりあえず 2日間鉄道に乗りまくる予定である。

15日(土) しっ しまった。寝過ごしてしまった。もうお昼が近いではないか・・・!

まっ いいかぁ。寝すぎてしまったものは仕方ない。早速 岡山駅まで移動。

今日は生憎の雨模様だなあ。さてさて どこに行こうかなあ・・・?

行き先も決めてない 勝手気ままな一人旅・・・。
c0050380_19261032.jpg

貧乏人の私は2日間利用できる香川・徳島フリー切符(四国のみで販売)に狙いを定めた。

四国はトクトクきっぷが豊富にある。 そのため私も四国へと足が向かうことが多いのである。

JR四国・トクトクきっぷ
c0050380_1927319.jpg

高松まで快速・マリンライナーで移動。新型になってから顔つきが精悍になり

乗り心地もすこぶる快適である。1時間弱の乗車で高松へ到着。

写真はブレブレです。フラッシュは運転席に向けては使用できません。迷惑になりますから。

高松からは徳島へ向けてうずしおに乗車。パワフルなエンジンで平野と山岳を快走します。

少し振動が大きい様な気がします。高徳線は思ったほど変化が無く面白みに欠けた。
c0050380_1928015.jpg

池谷駅で鳴門方面へ向かうため乗り換え。ここの駅は形状が面白いです。

写真では分かりませんが 機会があれば訪問してみてください。
c0050380_19284887.jpg

渦潮で有名な鳴門の鳴門駅に到着・・・んっ! なっ 何も無い・・・(^_^;

思った以上に長閑な駅であった。(私の所も同じですが)

おまけに雨はシトシトと降り続いています。渦潮は見学せずに徳島まで移動。
c0050380_19293251.jpg

今回 楽しみにしていた徳島線(よしの川ブルーライン)を移動。キハ185の特急剣山。

軽やかに徳島駅を出発。しか~し窓の外は漆黒の闇。何も見えません・・・(-_-;

疎らに見える電灯が集落の存在を教えてくれる。約1時間で阿波池田駅に到着。

降車時(2両編成) 乗客は なっ なっ なんと私を含めて3人でした。大丈夫か!
c0050380_2062425.jpg

阿波池田駅では高松行きしまんと号を約30分待つ。誰もいないホームでは

電灯だけが煌々と周囲を照らす。遠くに浮かぶ信号機の赤色が一層物寂しさを感じさせる。

し~~~~~ん。この静けさがたまらなく良くもあり 不気味でもある。
c0050380_1930472.jpg

しまんと号に乗り高松へ移動。ほとんど乗客がいないんですけど・・・。

その後は 高松では時々お世話になるビジネスホテルで休みました。

ビジネスホテル・高松パレス・チェーン館
[PR]
by kimu-san | 2005-10-15 19:42 | 独り言

そうだ 旅に出よう! 室戸岬 日の出編

前回からの続き。

8月28日(日)朝4時30分。朝日を見るために目覚ましをセットした時間より30分も
前に目覚める。外はまだ薄暗くかすかにたくさんの雲が見える。朝5時10分 昨夜
旅館のスタッフから教えていただいた室戸岬の展望台へ向かう。
まだ 朝日は昇っていないが 先客が4名いた。
朝早く すがすがしい気分と空気が清涼感で溢れている。
c0050380_213433100.jpg

まだ 朝日は昇らないが空は白々としてくる。間もなく太陽が顔を覗かせそうである。
c0050380_21351873.jpg

c0050380_2136444.jpg

c0050380_21363449.jpg

c0050380_21372775.jpg

写真は上手くないのですが 日の出の雰囲気だけは伝わるでしょうか?
壮大です。雄大です。美しいです。漁船が朝日に向かって出港していきます。
あ・・・なんて素晴らしい光景なのだろう・・・。
思わず息を呑んでしまう。
その後しばらくして 明るくなってきたので展望台を後にした。


さてさて 最後になりましたが今回お世話になった旅館について一言。

今回お世話になったのは 【国民宿舎むろと】さんです。
c0050380_21383741.jpg

c0050380_2140339.jpg

国民宿舎ということで大変リーズナブルな価格で利用できます。
室戸岬の側の山の頂上付近の森林の中にひっそりと存在しています。
建物自体は古くかなり老朽化が進み お世辞にも豪華とはいえません。
しかし この古めかしい雰囲気が周りの環境と妙にマッチしているのです。
また 夕暮れにはセミが鳴き乱れ 夜は虫達が美しい音色を奏で 朝は小鳥達の
さえずりで目が覚めます。そうそう 夕食もかなり美味しかったなあ。
とにかく 周りには 木以外には何も無いのです。

大自然の山々の懐に抱かれて 静かな一夜を過ごした・・・。
何も無いという 贅沢を感じながら・・・。

【国民宿舎むろと】さんのホームページ



トラックバック先URL http://member.blogpeople.net/tback/02688

楽しく感動の 高知室戸岬ミニ旅行でした。
次は どこに行こう・・・?
足摺岬にも行ってみたいなあ・・・。       【終わり】
[PR]
by kimu-san | 2005-08-28 22:00 | 風景

そうだ 旅に出よう! 室戸岬 海と空偏

前回の続きです。
高知市内でレンタカーを借りた私は室戸岬に向かって車を走らせる。
市内の渋滞を抜けて 海岸沿いにGoGo線(国道55号線)を軽快に
のんびりと走っていく。幾分 猛暑を過ぎたとはいえ 今日も真夏の
暑さである。そんな中をお遍路さんたちが巡礼を行っている様である。
それにしても 右手に見える太平洋は素晴らしく美しい・・・。

途中 道の駅キラメッセ室戸で遅い昼食をとり 3時頃室戸岬に到着。
駐車場に車を止めて早速海岸へと降りていく。
c0050380_2341787.jpg

何かわからないがこんな木がたくさんあり そこを抜けると太平洋。
c0050380_23574.jpg

c0050380_2355975.jpg

いや~ それにしても青い海がどこまでも続いている。
美しく そして雄大である。瀬戸内海とは違いますね。
しばし 海岸沿いを散策して海と空を眺め続ける。
c0050380_23653100.jpg

海岸から離れて 室戸スカイラインを走ってみる。急な坂道と曲がり
くねった急カーブを上って行くと 室戸岬灯台の案内を発見。
日本最大級の集光レンズを搭載している 岬のシンボルだそうです。
c0050380_2374433.jpg

更に 室戸スカイラインを上って行くと展望台がある。
その横に大きなプロペラの風力発電(?)の装置があります。
四国電力と書いてあったので多分間違いないと思います。

ここからは夕焼けです。もう・・・何も申しません。
どのような言葉で表現すればよいのか 私の能力では不可能です。
下手ですが 写真で雰囲気だけでも皆さんに伝わればよいのですが・・・。
c0050380_2382036.jpg

c0050380_2384350.jpg

c0050380_2393433.jpg

c0050380_2310745.jpg

c0050380_23103989.jpg

この後 今日の宿に到着。
ここのスタッフの方から 「朝焼けも綺麗ですよ。明日は5時30分頃の
日の出です」と教えてもらった。ただ最近は雲の多い日が続いている
との事。随分早いなあ~と思いながらも部屋で5時に目覚ましをセットする
私であった。


トラックバック先URL http://member.blogpeople.net/tback/02688

次回へ続く。
[PR]
by kimu-san | 2005-08-27 23:45 | 風景

そうだ 旅に出よう!高知ミニ旅行

8月27日(土)急に思い立って高知へ一人旅。
この所 時間に追われて少しお疲れ気味・・・。
という訳で太平洋をのんびりと眺めて来ることにしよう。
高知を訪れるのは 今回で4回目かな。

さてさて 日程はいつも通り行き当たりバッタリ。
とりあえず1泊する宿だけは確保。
岡山から高知まではJRを利用。
現地ではレンタカーを借りることにしよう。
c0050380_20393982.jpg

岡山から高知までの移動には高知観光切符を購入。
この切符は高知駅周辺のJR線は4日間乗り降り自由。
更に 岡山~高知間の乗車券と自由席特急券がセットで
6300円という大変お得な切符です。
ちなみに 岡山~松山間には松山観光切符と言うのもあります。
c0050380_20405124.jpg

出発当日の岡山は朝から晴れ。
岡山駅に到着して しばらくすると高知行きの南風1号が
ホームに滑り込んできた。土曜日の早朝ということもあり
自由席の乗車率は8割程度・・・。
しかし 琴平駅を過ぎる頃には 車内は空席が目立ち始める。
c0050380_2042241.jpg

この写真に深い意味はありません・・・(^_^;
ここ大歩危は 昨年秋に訪れました。
美しい渓谷 吉野川 温泉 かずら橋・・・等々。
ここでは 四国の自然を満喫できます。
興味があれば 皆さんも 今秋あたり如何ですか?
紅葉も綺麗ですよ。
c0050380_2043116.jpg

四国山脈の美しい渓谷美を堪能し 四国平野を快走。
南風1号はおよそ2時間30分で高知駅に到着。
天気も良くて 南国の雰囲気があります。
レンタカーの予約だけして路面電車に乗ってみることにした。
土佐電気鉄道株式会社が運営する路面電車です。
便利で1日乗降自由な乗車券を購入する。
1日乗車券には 市内線のみの1日乗車可能(500円)と
軌道全線有効(800円)の2種類があります。
土佐電気鉄道株式会社のホームページ
c0050380_2044161.jpg

私は 軌道全線有効なものを購入し駅前に停車していた電車に
乗り込む。はりまや橋駅で下車して伊野方面を目指す。
c0050380_20445687.jpg

待つことしばし 朝倉行きの電車がやってきた。伊野行では
無かったがとりあえず乗車。う~ん なんともレトロな電車である。
揺れも大きく 音もうるさいが乗っていて楽しい。
岡山の路面電車とは また一味違う感覚である。
c0050380_20454459.jpg

高知大学手前の細い道では 自動車が軌道敷内を往来している。
電車と当たってしまうのではないかと 乗っている私のほうが
ハラハラしてしまう。しかしこういった道路を電車が走っていると
いうことは「市民や学生に密着した交通手段なんだろうな」と思う。
その後 朝倉駅で後続の電車に乗り換え伊野駅に到着。
高知駅前まで路面電車で折り返し。

予約していたレンタカーを借りて室戸岬を目指す。
何故なら 今夜の宿は室戸にあるからだっ!
c0050380_20465199.jpg

今日と明日お世話になるレンタカーのポルテ。
丸っこいボディと広い室内。助手席側はスライドドア。
なかなか運転しやすい車である。良い車だと思うのですが
個人的には フロントマスクの形が嫌いである。(ごめんなさい)

投稿時間は表記の時間とは違いますよ。
高知から帰ってきてからアップしています。
私にもう少し文章能力があれば良いのだが・・・。
[PR]
by kimu-san | 2005-08-27 23:00 | 風景

【 そ の 他 】

【 アンケート 】

【好きな旅行先は?】

★ L i n k ★


【賢いネット通販】
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


【現地オプション追加】
旅先で何をするか迷ったら オプショナルツアー予約サイト「VELTRA(ベルトラ)」


【楽天トラベル】
楽天トラベル株式会社


【旅行便利グッズ】
スーツケース・旅行用品のトラベラーストア


【 A N A 】
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】


【 新幹線の旅 】
新幹線YEAR 2017


【スマホに1本】
マカフィー・ストア


【空の写真のTB】


【あわせて読みたい】
あわせて読みたい

検索